私たち、俳優は
台本を読んで役を演じます。

台本を読むので

これから先に起こることが分かってしまいます。

自分の台詞も
相手の台詞も分かってしまいます。

しかし、
登場人物は
先のことは知らないですよね。

相手が何と言ってくるのかも知らないですよね。

初めて
その場で聞いて経験する人ですよね。

ということは、
私たち俳優は

その役を演じる上で
先を知らない人
その場で初めて経験する人にならなければいけない。

しか~し
俳優は、台本を読んでいるので、
先を知ってしまっている。
相手が何を言うかを知ってしまっている。

だから、
その場で初めて聞いて
初めて経験する人になるのは、とっても難しいのです。

でも、安心してください。

その為の
練習方法があるのです。

それをインターネットで学べるのが
【Internet School of Acting】

いつでもどこでも

好きな時に好きな場所で演技が学べる
「Internet School of Acting」⇒ ISA詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加